貸金庫の料金ナビ〜銀行比較で値段はいくら?

貸金庫の種類や特長は?

貸金庫は盗難や火災などの災害から、貴重品を守るためにあります。各金融機関の貸金庫は「厳重な警備」と「耐久性の高い施設」で守られ、高い安全性を保っているのです。
当サイトでは貸金庫の基本事項から、各金融機関ごとのサービスの特長や料金などを紹介しています。
スポンサードリンク

貸金庫は特殊な保管方法と言っていいでしょう。そのため、国内で考えられる保管方法の中でも、最も安全性が高い保管方法であるということは、間違いないでしょう。また、銀行などの金融機関の中でも、特に厳重に管理されているのがこの「貸金庫」なのです。貸金庫は構造的に頑丈です。例え火事や地震、はたまた津波が襲ってきても、保管物には被害がでないような構造になっています。もしここで預けていた物が紛失するとすれば、そ...

貸金庫は銀行にお金を預けているのと同様に考えて問題ないと言えます。ですから、貸金庫を利用する際の補償は、かなり確実であると考えても問題ないでしょう。しかし、この貸金庫の補償が「絶対」ではないということも、同時に理解しておく必要があります。貸金庫の補償は、基本的に銀行の責任で行われます。利用者側からすれば、お金を出して預けるわけですから、補償はされて然るべきでしょう。しかし、中には補償されない場合も...

貸金庫には、主に3つの種類があります。手動型、半自動型、全自動型の3つです。この種類は扱う金融機関によって異なります。これらの中のどれが利用できるかというのは、その金融機関次第です。個々に特徴はありますが、安全面からみれば差はさほどないと言えるでしょう。ですから選ぶ際の基準は、単純に使い勝手の差になります。しかし、貸金庫ではその使い勝手が、ある程度大きな意味を持ちます。ここでは、それぞれの特徴を挙...

貸金庫を利用する場合、その種類以外にも、考慮しなければならないことがあります。預ける物の大きさや量です。それによって、貸金庫そのものの大きさについても、考えなければならなくなります。実際、貸金庫の大きさは、どれくらいの物があるのでしょうか。貸金庫のサイズは、各金融機関によって色々あります。また、同じ金融機関でも、何種類ものサイズを用意しているのがほとんどです。利用する際には、このサイズによって値段...